FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「上司は嫌われてもいい」を曲解するな。



日経トップリーダー(2011年7月号)の編集長の直言(コラム)、「上司は嫌われてもいい」を曲解するな。確かに、“嫌われる”の意味を履き違えると大変なことになる。参考になるコラムなので備忘録的に^^


私は「嫌われるよりも好かれる方がいい」と考えます。部下に嫌われると、往々にして無用な反発を招きます。「あいつ(上司)の言うことに従うが、最低限のことしかしない」「プライベートでは絶対に口を利かない」などと、若い社員が言っているのを聞いたのは1度や2度ではありません。

上司と部下の関係が感情的にこじれれば、スムーズに行くはずの仕事に支障が出ます。そして、そのうち何を言っても部下は反発するようになります。これは理屈ではないだけに、たちが悪い。

では、なぜ「上司は嫌われてもいい」と言われるのか。どうもその真意が曲解されているケースが多いような気がしてなりません。重要なのは「上司は部下に対し、言わなければならないことは嫌われてでも告げなければならない」ということです。普段から嫌われても構わないということではありません。

上司と部下の間に必要なのは「信頼」にほかなりません。部下に媚びる必要はありませんが、それを築くために上司は努力しなければならないのです。「おれは社長だから」「上司だから」と地位にあぐらをかいている人に、忠誠を誓う部下はいないのです。


一緒に仕事をしている限りにおいては、会社での仕事を通じての運命共同体であり。プライベートの友人・知人とは異なる。裸の王様的な社長・上司は論外だが、部下にきちんと指摘出来ない上司が多いことも事実。ちゅうか、自己保身ではなく部下の成長を心から願うのならば、厳しい指摘も口に出来るはず。嫌われないためにも、部下のことを想いつつの指導が出来れば大丈夫なんだけどな^^



関連記事
スポンサーサイト

| 仕事論 | 23時25分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

本当の意味で相手のことを考えているなら、厳しく指摘できますよね^^

仰るとおり、信頼関係を築いていることが何より大切だと思います。

| 山本貴則 | 2011/07/28 18:28 | URL |

山本貴則さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

厳しさ(=優しさ)と優しさ(=厳しさ)のバランスよい人間関係つくりを目指したですね^^


| 平蔵 (へいぞう) | 2011/08/07 23:12 | URL |

上司

こんにちは
へいぞうさん

上司とは難しい存在ですが、
部下を持つと、上司の側のほうがはるかに
難しいですね。

私は、
「お金で成功する絶対法則」
を公開しています。

| ルーカス | 2011/08/17 12:35 | URL |

ルーカスさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 上司とは難しい存在ですが、
> 部下を持つと、上司の側のほうがはるかに難しいですね。

その通りですね^^部下との人間関係を通じて、能力・人格の両面から成長できるとも思います。

何事も勉強というところでしょう^^

| 平蔵 (へいぞう) | 2011/08/21 23:11 | URL |















非公開コメント

http://324note.blog28.fc2.com/tb.php/229-4207cf9a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。