FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

百年たっても後悔しない仕事のやり方 出口治明



先日、保健業界のオピニオンリーダーであり、ライフネット生命保険社長である出口治明氏の出版記念セミナーに参加。博識温厚でありながら、歯に衣着せぬ直言は心地よかった。出口治明氏が、どんな仕事に対しても受身にならず積極的に取り組んで培った仕事のやり方を紹介してくれている♪


amazon商品の説明より一部引用

大手生保で業界改革に奔走し、還暦で日本初のベンチャー生保を立ち上げ、いまなお全力で走り続けるライフネット生命社長の仕事論。


[ 感想 ]

『百年たっても後悔しない仕事のやり方』出口治明 生保業界の風雲児と言われるライフネット生命保険社長の出口治明氏。日本生命時代には業界改革に奔走し、生保の国際化の先頭にたち、還暦でベンチャー生保(ライフネット生命保険)を設立。一方で、訪れた世界の都市は1,000を超え、読んだ歴史書は5,000冊を超えると言う。

ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!

↑博学多識な出口治明氏の仕事論は、数字と事実により理論を積み上げて行き実行へ移すという考え方。出版記念セミナーで“若い人に望むこと”は『異質で多様な経験をすることで直感を鍛えること』と言われていた。ようは、脳をフル回転させて効率よく仕事に取り組むという事だと思う。一流の仕事ぶりとは、己への挑戦。知識・経験ともに豊富な出口治明氏の不変な仕事のやり方には多くの学びがあると感じた。

各章の中で自分が参考になった一節は下記♪

●社長になったつもりで
●仕事ではコンスタントに70%の正解を、なるべく早く
●「カンゼン」よりも「カイゼン」を
●数字とファクトでロジックを作り、ビジネスプランを紡ぎ出す
●お客さまはいちばん大切な相手
●タラは魚屋さんへ、レバは肉屋さんへ
●大切な発想 「なぜだろう、なぜかしら」
●常識は疑え、けれど当たり前のことを大切に
●ふたつの眼で見よう、木を見る眼、森を見る眼
●時間を集中して使う習慣をつける
●疑問点やわからない点は、必ず調べる習慣をつける
●どちらかを、捨てる
●長所を伸ばして、短所を直す、それは無理だ
●ついていこうと思わせる力、共感力
●学力と教養に、自己投資をしよう


あと、出版記念セミナーでインプットの重要性を説かれていた。『インプット、インプット、インプット、お風呂に水を張れば勝手にこぼれるでしょう^^』と言われてた。確かに、入れ過ぎるだけの水を入れないとこぼれないので、インプット!頑張らねば^^vvvv

[ 目次 ]

第1章 仕事について、四つの視点
第2章 日常の基本的な仕事
第3章 仕事の目的に意識を集中する
第4章 仕事の現実、時間も人材も有限である
第5章 仕事には必ず相手が存在する
第6章 成功に慢心せず、失敗に後悔せず
第7章 時代の流れの中で、仕事の方向は決まっていく
第8章 海外での仕事について、英語について
第9章 常識は疑え
第10章 思索する武器その1 分析力
第11章 思索する武器その2 集中力
第12章 思索する武器その3 決断力
第13章 思索する力を、実行する力に変えるために
第14章 会社の仕事、三つの立場─社員・管理職・経営者
第15章 たくましく生きて仕事をするために

百年たっても後悔しない仕事のやり方
出口 治明
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1084



関連記事
スポンサーサイト

| 仕事術本 | 22時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://324note.blog28.fc2.com/tb.php/216-3f55293c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。