PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鬼十則、自分との闘いの言葉♪

電通「鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ

先日、ネット上で“鬼十則”を目にする。自分の新卒入社の会社で毎日復唱させられていた思い出がある。過激に厳しい断言ではあるが、グサッと心に刺さる名言でもあると思う。今の時代では、このような訓示は受け入れられないだろう。高度成長期だから許容された訓示。ただ、仕事で結果を出すタイプの人間は、“鬼十則”の中の何らかを自然に取り組んでいるはず♪


“鬼十則”は、電通(広告代理店)の広告の鬼と言われた吉田秀雄氏(4代目社長)が書き記した教訓。

鬼十則

(1)仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
(2)仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
(3)大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
(4)難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
(5)取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは。
(6)周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
(7)計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
(8)自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
(9)頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
(10)摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。


自分流の解釈だと、この“鬼”とは自分自身の“怠惰な心”だと思う。人は、安きに流れる傾向にあり、楽をしたいと思いながらも努力をしないという矛盾した考えを持つ。この“鬼(怠惰な心)”に立ち向かうための教えが“鬼十則”だろう。

この“鬼十則”の中で自分が好きな教えは、

頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。


ピーンと張り詰めた緊張感・集中力、まさに仕事のプロフェッショナルの姿勢である。

自己成長・自己実現のためには、“鬼”との闘いが待っている。この真剣勝負を勝ち抜くためにも、“鬼十則”をじっくりと読み返してみると学びがあるだろう^^vvvv



関連記事
スポンサーサイト

| 仕事論 | 09時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://324note.blog28.fc2.com/tb.php/214-b57accae

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。