FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兼重(芋焼酎)

kaneshige.jpg

先日の接待。うどんすきの老舗へ。昔ながらのうどんすきも美味しかったが。お酒は、初めての兼重(芋焼酎)だった。また、このお店を利用しようかとボトルキープしようとしたら… 店員「飲みきりか、持ち帰りください」、お客様「芋焼酎好きでしょう。持ち帰ってよ。」ということで持ち帰った(笑)

芋焼酎、兼重(かねしげ)って?



まずは、裏ラベルの記載。

兼重(かねしげ)

明治元年、濱田伝兵衛が製法の伝承をうけて家業として焼酎作りを開始して以来、焼酎一筋、今日に至っております。受け継がれた技術を今に伝える焼酎 兼重 はまろやかに仕上げる為、甕壺にて貯蔵しました。芳醇な味と香りをお楽しみ下さい。

原材料/さつまいも(鹿児島県産)、米麹(国産米)
アルコール分/25度

焼酎蔵 薩洲 濱田伝兵衛
濱田酒造株式会社


甕貯蔵なだけに、アルコール的なピリピリ感がなく、まろやかな味わい。そして、しっかりと芋焼酎としての美味さあり。うどんすきよりかは、小皿にもられた煮付けとよく合った芋焼酎♪

自宅に持ち帰ったが、次の日に飲みきった~(笑)


兼重(芋)
長期に亘り甕壷で貯蔵した芋焼酎です。芳醇な味と香りを楽しめます。
種類 芋、原材料 さつまいも/米麹(白)、アルコール度数 25%
=濱田酒造HPより引用=








関連記事
スポンサーサイト

| 心の友 [酒] | 00時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://324note.blog28.fc2.com/tb.php/21-a806283f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。