FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【仕事の5原則】“スケジュール”で全体効率があがる



スケジュール : 今時点から納期までの予定表(日程表)



スケジュールの策定をきちんと行っていない人が多い。では、なぜ?スケジュール策定を行えないのか?それは、自分の保有する業務項目の内容把握が希薄だからである。自分の業務把握が出来ていないからスケジュール策定できないのであって、自分の業務把握が出来ている人は、きちんとスケジュール策定が出来る

まずは、月次・週次・日次の定例業務のスケジュール策定。そして、個別業務の項目一覧を作成して、優先順位に基づく納期設定から逆算してスケジュール策定。これらの個別業務は会社都合などで変動が起きるので、常に見直しをかける。難しいようで、スケジューリングの癖をつけると容易である。

納期意識が高く、納期遵守の人は、きちんとスケジュール策定しているタイプが多い。納期を守れない人は、スケジュール策定していないタイプ。納期を守れない事は信頼を失う行為なので、納期設定と同時にスケジュール策定を行うこと。

また、常に定例業務だけの人も多くないのは事実。仕事は、常に変化して行く。その変化に対応するために全体俯瞰するスケジュール策定が重要となって来る。仕事は、個別業務の結果の積み重ねであるが、最終的に全体業務として最高水準の結果を出すことで関連各所からの評価を得る事ができる。

“スケジュール”で全体効率があがる



関連記事
スポンサーサイト

| 仕事論 | 07時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://324note.blog28.fc2.com/tb.php/204-fde878c0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。