PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思いやりの気持ち「見える気持ちに」。



ACジャパンの2010年全国キャンペーン“思いやりの気持ち「見える気持ちに」”の全文が気になって調べてみた。詩人、宮澤章二さんの「行為の意味」という詩の一部♪この宮澤章二さんはクリスマス・ソング「ジングルベル」の作詞者であるらしい。「行為の意味」全文は下記。

行為の意味 宮澤章二

あなたの『こころ』はどんな形ですか
と、ひとに聞かれても答えようがない。
自分にも他人にも『こころ』は見えない。
けれど、ほんとうに見えないのであろうか。

確かに『こころ』はだれにも見えない。
けれど『こころづかい』は見えるのだ。
それは、人に対する積極的な行為だから。

同じように胸の中の『思い』は見えない。
けれど『思いやり』はだれにでも見える。
それも、人に対する積極的な行為なのだから。

あたたかい心が あたたかい行為になり、
やさしい思いが やさしい行為になるとき、
『心』も 『思い』も初めて美しく生きる。
それは、人が人として生きることだ。


人は、“心の中の思い”に温かく優しい気持ちを持っていても、行動に移すことを躊躇してしまう。グッ!と踏み込んだ利他主義の精神って、強要されるものではなく、自分で気づいて言動・行動するしかない。その気づきを与えてくれるメッセージだな、と思う。

宮澤章二さんの「行為の意味」に込められたメッセージをきっかけにして。すべての人が温かい心・優しい思いを行為として発揮して、支え合い・助け合う世の中になって欲しいと願う。

実際、ソーシャルネットワーク(SNS)を通じて「共有」という人間関係の要諦が行われている。古き良き日本の“心”が違う形態で尊ばれる時代になって来たんだな。宮澤章二さんの「行為の意味」、今一度、読み返してみると清々しい気持ちになれる。しっかり、頑張ろうな♪♪♪♪

関連記事
スポンサーサイト

| ひとり言 | 12時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://324note.blog28.fc2.com/tb.php/184-5715925c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。