FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日経トップリーダー 2010年10月号



日経トップリーダー、紙面リニューアル&新連載開始と面白くなってきた。特に、新連載(渡邉美樹氏・吉越浩一郎氏・小山昇氏)は、自分が気になっている経営者のコラム満載♪これらの新連載で、更に、話題の広がりを感じる。

あと、今月号を読んでの全体感想は、「従業員満足について言及している」こと。熟成した日本市場でのビジネス展開は、圧倒的な急成長への期待が薄く、守勢を強いられているからこそ、内側(社内)への意識転換なのだろう。

【関連記事】経営について考える。←私の持論♪



下記、今月号を備忘録的に。

ジャパネットたかた
高田社長の苦境脱却策

(1)「1つのこと」に頼らず、多くの選択肢を持つ
(2)当たらなくても予測し、どんどん行動する
(3)会社のすべての品質を一心不乱に高める

ケーズホールディングズ
加藤社長の永続3原則

(1)がんばらない経営
未来永劫走り続けるためには、どんなささいな力みもあってはならない

(2)まず従業員を大事にする
従業員を追い込むと、利他の商売はできなくなる

(3)好況充実・不況拡大
不況の時ほど、良い人材・良い物件が手に入る

壱番屋(CoCo壱番屋) 顧問
宗次徳二

トップ自ら身をもって示しなさい

率先垂範、お客様第一主義、そして現場主義。私は現役時代、この3つに徹底的にこだわりました。「もうこのくらいでいいだろう」という妥協は一切しない。トップのこだわりの強さが会社の強さにつながっていくと思っているからです。

ライブレボリューション 社長
増永寛之

社員に愛されれば、お客様にも愛される

吉越事務所 代表
吉越浩一郎

新社長になってまずやるべきことは、組織改革でもなければ、人事刷新でもなく、部下との信頼関係づくりです。では、そのために何をすべきか。それは、“無条件に現場に入り、現場を知ること”です。

武蔵野 社長
小山昇

「いい商品」が売れるのではない。「売れる商品が、いい商品」なのです。商品の良し悪しを判断するのは作り手ではありません。あくまでもお客様です。






関連記事
スポンサーサイト

| 日経トップリーダー | 00時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://324note.blog28.fc2.com/tb.php/122-494ece59

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。