2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「上司は嫌われてもいい」を曲解するな。



日経トップリーダー(2011年7月号)の編集長の直言(コラム)、「上司は嫌われてもいい」を曲解するな。確かに、“嫌われる”の意味を履き違えると大変なことになる。参考になるコラムなので備忘録的に^^

≫≫ 続きを読む...

関連記事
スポンサーサイト

| 仕事論 | 23時25分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日経トップリーダー 2011年7月号



今月の特集、“今こそ、本田宗一郎”。現在の時代背景からするに、温故知新・原点回帰と言ったところだろう。夢・希望・信念など、心の拠り所となる哲学を精神的支柱として乗り切って行こう!という考えは嫌いではない。ただ、現在の時流に合ってないと空転してしまうけど。。。

本田宗一郎の教えとは?

≫≫ 続きを読む...

関連記事

| 日経トップリーダー | 00時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人に好かれる6原則(5)相手の関心を見ぬいて話題にする。

ドラえもん みんなが選んだ心に残るお話30~「僕の生まれた日」編 [DVD]

セオドア・ルーズヴェルト(大統領)をたずねたものは、だれでも彼の博学ぶりにおどろかされた。ルーズヴェルトは、その人に適した話題を豊富に持ちあわせていた。

では、どうしてそういう芸当ができたか、種をあかせば簡単だ。ルーズヴェルトは、だれかたずねてくる人があるとわかれば、その人のとくに好きそうな問題について、前の晩におそくまでかかって研究しておいたのである。

ルーズヴェルトも、他の指導者たちと同じように、人の心をとらえる近道は、相手がもっとも深い関心を持っている問題を話題にすることだと知っていたのだ。

デール・カーネギー『人を動かす』
人に好かれる6原則(5)より

≫≫ 続きを読む...

関連記事

| 人間関係論 | 00時43分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。