| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パレートの法則



パレートの法則(80対20の法則)とは、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が発見したべき乗則である。経済以外にも自然現象や社会現象等様々な事例に当て嵌められることが多い。

≫≫ 続きを読む...

スポンサーサイト

| 法則メモ | 21時49分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AIDMA(アイドマ)の法則



AIDMA(アイドマ)の法則とは、Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)の頭文字を取ったもので、1920年代にアメリカの販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが提唱した「消費行動」の仮説。Attentionを「認知段階」、Interest、Desire、Memoryを「感情段階」、Actionを「行動段階」と区別する。

≫≫ 続きを読む...

| 法則メモ | 20時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジョハリの窓

johari1.jpg

ジョハリの窓とは、自分をどのように公開し隠蔽するか、コミュニケーションにおける自己の公開とコミュニケーションの円滑な勧め方を考えるために提案されたモデル。米心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のこと。

ジョハリの窓 - Wikipedia

≫≫ 続きを読む...

| 法則メモ | 22時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハインリッヒの法則



ハインリッヒの法則は、労働災害における経験則の一つ。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。

1:29:300

≫≫ 続きを読む...

| 法則メモ | 20時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エビングハウスの忘却曲線



読書中の書籍より理論メモ。 忘却(ぼうきゃく)とは知識を忘れること、思い出せないこと。忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)は、記憶の中でも特に中期記憶(長期記憶)の忘却を表す曲線。心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれた。エビングハウスの名から、「エビングハウスの忘却曲線」とも呼ばれる。

20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を覚えていた。

忘却曲線 - wikipedia

人間は忘れる生き物である。自分の仕事・人生に必要のない情報(と、自分が何気に思った情報)は忘れる仕組みになっているんだろうな。

| 法則メモ | 21時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。