FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忍び寄るSNS疲れ、リスクを乗り越え使いこなせ(日経ビジネス2012.2.6)



昨年、各取引先よりfacebook活用の提案を受ける。その効用を質問しても、明確な回答はなく。「トレンドだから...、かくかくしかじか」と、納得できず未着手のまま。組織体制が手当てできるなら取り組みたいところだが、中小企業の慢性的な人手不足では、ちと難しい(汗)

今回特集の備忘録。

SNS疲れ 負のスパイラル

▼ 取りあえず経営陣や上司がSNSの活用を指示
▼ 目的がはっきりせず社内の体制は不十分なまま
▼ 目的と体制が欠如し成果を上げることも判定することもできず
▼ 炎上を恐れつつ現場には疲労感だけが残るも...

(まとめ)目的、体制、成果が欠如


個人的見解。SNSは、よりリアルの人間関係に近い。SNSでの双方向のやり取りにおいては、しっかりと相手(顧客)と向き合う姿勢がないと、関係悪化の火種となる。ただ、従来のネットを使ったマーケティングよりも顧客との距離を縮めることができるため、事業精度の高い情報収集ができる。

安易に始める前に、目的明確化・目標設定・体制構築が大事な気がする^^
スポンサーサイト

| 仕事論 | 23時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小山昇の「こころ豊かで安全な経営とは何か」 > 仕事術編

強い会社をつくりなさい

小山昇先生の「こころ豊かで安全な経営とは何か」(nikkei BPnetの時評コラム)。毎回、有意義な内容で勉強させていただいている。久しぶりに、過去記事を読み返してみたので、“仕事術”な過去記事を備忘録的に。

●「学ぶ」は「真似ぶ」、創意工夫を加えてはいけない
●「顧客の真実」は「現場」にしかない!
●「仮説→検証」によって採るべき一手を決める
●キャバクラも企業も営業の基本は同じ
●下手な創意工夫は「加えるだけ無駄」


すごい経営~あなたの会社もマネしなさい~

↑私の経営哲学の師匠、小山昇氏。1度だけセミナー終了後に名刺交換させていただく。勝手に、自分の中で経営哲学の師匠と呼んでいる^^;仕事・経営・人間の本質にズバッと切り込む言動・行動は、比類なき経営者と尊敬している。

| 仕事論 | 00時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まず、お客さんに儲けてもらう

111002.jpg

日経ビジネス10月3日号から新連載(全4回)の“伊藤忠商事 岡藤正広の経営教室”。第1回目は「儲けの大原則」について。伊藤忠商事社長の岡藤正広氏は、入社以来、営業一筋の生粋の商社マンとのこと。今回記事には学びがあったのでポイントのみ備忘録的に♪

まず、皆さんに質問です。「商売」を成功させるために最も重要なことは何だと思いますか。儲けの秘訣と言い換えてもいい。

まず、お客さんに儲けてもらう

正解は簡単です。それは、「お客さんに儲けてもらうこと」なんです。逆説的ですが、自分が儲けるためには、パートナーであるお客さんが儲かる仕組みを考えないといけません。ここは、大事な点で、普通なら自分を起点に儲けの仕組みを考えがちですが、実際はそれではうまくいかないんです。


ついつい何事も、自己中心的になってしまうのが人生であり、ビジネス。自社(自分)ではなくて、まずは顧客の利益を考えること。ある意味、当たり前の構造なのに、忘れがちになってしまう事は、大きな反省点^^;

気持ちよく、利他主義で。まずは、お客様に儲けてもらおう^^vvvv

| 仕事論 | 01時03分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「孤高のメス」を観て、プロフェッショナルについて考える。

【映画パンフレット】 『孤高のメス』 出演:堤真一.夏川結衣.吉沢悠.中越典子

先ほどテレビ放映されていた「孤高のメス」。ただひたすらに患者を救いたい!という一途な想いで、愚直に手術と向き合う孤高の医師。プロフェッショナルであることの意味を問う映画だった。

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 23時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現場から知恵が自然と生まれてくるリーダーシップを目指そう!



日経トップリーダー(2011年9月号)の特別インタビュー、「常識思考」が生む強いリーダーシップ。心の師匠、田坂広志氏による“これからのリーダーシップ”について言及していたので備忘録的に。

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 21時49分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くたびれたら、早めに寝る。睡眠も経営者の重要な仕事だ。



日経トップリーダー、吉越浩一郎氏(もとトリンプ社長)の経営悩み相談室にて。「くたびれたら、早めに寝る。睡眠も経営者の重要な仕事だ。」というコラムに、納得。ついつい、付き合いで飲みすぎたり。遅い時間からの作業に調子付いたり。と、睡眠削っている自分がいるんだよな^^;

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 22時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「上司は嫌われてもいい」を曲解するな。



日経トップリーダー(2011年7月号)の編集長の直言(コラム)、「上司は嫌われてもいい」を曲解するな。確かに、“嫌われる”の意味を履き違えると大変なことになる。参考になるコラムなので備忘録的に^^

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 23時25分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まんがで読破 - 君主論



リーダーは、部下や組織を引っ張って行く者であり、重大な責務を担う者である。リーダーは、自律した職業観・人生観を保有し、優れた技術を駆使して、組織として圧倒的な結果を出す事が求められる。うむうむ、甘くないね^^;

本書に出てくる、リーダーについての考察♪

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 11時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謝罪における4つの段階。



日経トップリーダー(2011年6月号)の編集長の直言(コラム)、「謝罪には4つの段階がある」とのこと。謝罪プロセス、あまり深く考えたことがない。事業運営において、トラブル発生時の対応を間違うと致命傷にも成りえるので、気をつけなければならない。

謝罪における4つの段階とは?

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 23時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼十則、自分との闘いの言葉♪

電通「鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ

先日、ネット上で“鬼十則”を目にする。自分の新卒入社の会社で毎日復唱させられていた思い出がある。過激に厳しい断言ではあるが、グサッと心に刺さる名言でもあると思う。今の時代では、このような訓示は受け入れられないだろう。高度成長期だから許容された訓示。ただ、仕事で結果を出すタイプの人間は、“鬼十則”の中の何らかを自然に取り組んでいるはず♪

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 09時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親愛なる部下のみんなへ

下記、部下指導に作成した資料。仕事の能力向上を希望するわりには、大切な基本を疎かにしている。地道な仕事の積み重ねが能力向上の最短距離であることを理解してね♪

成果をあげるのは才能ではない
成果をあげる人とあげない人の差は、才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である。

ピーター・ドラッカー(経営学者)


(1)基礎的な方法
●目的・目標・優先順位・納期・スケジュールの理解徹底
●顧客分析・自社分析・競合調査の理解実行
●ビジネスマナーの理解実行
●etc

(2)習慣的な姿勢
●来電は3コール以内に応対する
●当日の業務予定は確実に当日終了させる
●上司に対する業務終了の報告は確実に迅速に行う
●etc

仕事の原理原則となる基礎的な方法論を、習慣的に行う正しい姿勢を持つことで成果は上がる。=成果をあげるのは才能ではない。

基礎的な方法・習慣的な姿勢という“基本”が大切。この“基本”があって、“応用”(+理論・実践・事例)へと仕事の深さが増していく。

【NGワード】
思いつき、何となく、とりあえず、やっつけ、無計画、行き当たりばったり、センス。
他者に説明できない、他者に理解してもらうことが難しいものは必要ない。

まずは、“基本”の徹底・徹底・徹底で仕事力を磨いていく。

しっかりとした“基本”があって、その上に、応用を積み重ねることでプロフェッショナルへと成長していく。

とにかく、“基本”を大切にして欲しい。当社で基本を習得して欲しい。

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 00時06分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正しいと信じている「その考え」でダメになる!



上記、日経BP最新刊:敗者の錯覚―あなたの努力が実らない40の理由の広告コピー。なんか久しぶりに、イタッと心に刺さるキャッチコピー。

正しいと信じている「その考え」が、
会社を、経営者をダメにする!

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 00時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【仕事の5原則】基本の徹底で仕事力は増大する



過酷なビジネス社会の中で、七転八倒、失敗の連続の中で行き着いた自分なりのノウハウ。それは、応用技術ではなく、“仕事の5原則”。これは、自分が仕事をする上で重要視している原理原則。

世界で活躍するプロスポーツ選手こそ徹底的に基礎訓練を繰り返す。仕事の世界も同じ、仕事の原則を理解した上で徹底的に繰り返すこと、この基礎訓練となるのが“仕事の5原則”。

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 07時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【仕事の5原則】“スケジュール”で全体効率があがる



スケジュール : 今時点から納期までの予定表(日程表)

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 07時14分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【仕事の5原則】“納期”で能力発揮できる



納期 : 取り組んでいる事柄を納める期限

≫≫ 続きを読む...

| 仕事論 | 07時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。